サラ
街コンにお酒はつきものですよね。そんなお酒についてお話します♪

 

街コンに初めて参加する方や、これまで街コンであまりいい成果をあげられなかった方が気になるのは、街コンでの「振る舞いかた」

 

中でも、お酒が入り気分がよくなり、盛り上がったはずなのにも関わらず、街コン後の発展がない。

そんな方も多くいるのではないでしょうか。

 

今回は、街コンでお酒を飲むメリットやデメリット、たしなみ方についてご紹介します。

 

私も街コンの運営スタッフとして現場に出ていますが、出来ていない人があまりに多いので記事にしてみました。

街コンであなたはふるいにかけられている

街コンとは、1店舗にて飲み放題、ビュッフェ方式が多く、

気軽に食べたり飲んだりしながら異性と会話をすることで、フィーリングの合うお相手を探す場です。

 

何もないテーブルでただ話をするよりは、食事しながらの方が会話がはずみやすく、何かをする行為からその人となりを垣間見ることもできます。

 

例えば、食べ方が汚い、食べ物を口に入れたまま話す人は「育ちの悪い人」という印象になりますし、みんなの分を取り分けてくれれば気の利く人だなと思うかもしれませんよね。

 

同じように、あなたも他の街コン参加者からよく見られています。

いわば、ふるいにかけて残るかどうか?試されているということは肝に銘じておきましょう。

街コンでお酒をたしなむメリットとデメリット

街コンでは、食事やお酒が飲み放題のことも多いので、ついついお酒が進んでしまうこともあるでしょう。

 

お酒を飲むことには、メリットもあります。

ただし、わきまえなければデメリットにもなり得ることをしっかり心得ましょう。

街コンでお酒を飲むメリット

メリット1:緊張をほぐしてくれる

どうしても初めて会う人や大人数で会話するのは緊張してしまうという人も多いでしょう。

 

その場合、適度にアルコールが入ることによって、緊張をほぐしてくれます。

 

自分に自信が無い方は特に手助けしてくれるアイテムです。

メリット2:大胆になれる

いつもなら自分から声をかけたり連絡先を聞くのは恥ずかしい、という人も、

アルコールパワーで気持ちが大きくなり、大胆に振舞えることがあります。

 

普段はシャイで無口なくせに、お酒が入ると話し出す人もいますから。

メリット3:場に溶け込みやすい

そもそも、食事とお酒の出る会なので、他の参加者もお酒を飲んでいる人は多いでしょう。

 

なのに、あなただけ飲まないでいると場の空気になじみにくく、

なかなか会話に参加しにくいかもしれません。

 

もちろん、お酒が苦手な方は無理をする必要はありませんが、お酒が飲める方であれば、飲まない理由はありません。

街コンでお酒を飲むデメリット

デメリット1:ついつい下ネタをしてしまう

男性に多いかもしれませんが、お酒の勢いと「何か面白いことしなくちゃ」というサービス精神のためか(!?)、つい下ネタを連発してしまう人も。

 

大体が自己満の下ネタです。

アローン
下ネタは1:1になった時に繰り広げていく武器だと考えているので、 街コン中に発するのはNGでしょう。

デメリット2:ただ飲みに来た人と思われてしまう

最近の街コンは、様々に趣向を凝らしていて、

なかには「イタリアンレストラン限定」や「シャンパンが豊富」「日本酒飲み比べ」と言った内容もあります。

 

そんな時、お酒を飲んでばかりいると、この人ただ飲みに来た人で、相手は探していない

 

と本気要員から外されてしまいます。

デメリット3:ウザイ人になってしまう

お酒が入って講釈を垂れる人や、お説教モードになる人、

自慢話連発の人、上から目線でしか会話できなくなる人などいますけどこれもあり得ないです。

 

アルコールパワーで話しやすくなる半面、日ごろの自分が抑えられずにこうした面が出てしまう人も多いです。

 

お互いがどういう人か知ってからならまだしも、初対面ではNGです。

デメリット4:トラブルに巻き込まれる

飲みすぎて覚えていない、喧嘩に巻き込まれる、他人に迷惑をかけてしまう、

など想定外の出来事に巻き込まれる可能性があります。

 

お酒に飲まれて本来の目的を失っている人はまぁダメです。

街コンでのお酒のたしなみ方

ここまでご紹介してきたように、街コンだからと言って、お酒を飲まない方がいいということはありません。

 

お酒があった方が、うまくいく人もいると思います。

 

ただし、「やっちまった!」とならないためにも、お酒を飲むなら心得ておきたいことがあります。

たしなみ方1:お酒は会話のツールと心得よ

乾杯!ぐぐーっと飲み干して、さあおかわり!って、それしたいなら友達と居酒屋に行けよ!って言われてしまいます。

 

例えば、「ビールなら〇〇の銘柄が好きなんだけど、どう?」とか、

「このワイン飲みやすいよね、ワインなら赤と白どっち派?」など、

 

お酒に絡んで相手と会話に持ち込むツールとして使いましょう。

たしなみ方2:無理に飲ませない

自分がお酒大好きだからと言って、相手もそうとは限りません。

 

仮に、「日本酒の利き酒」という謡い文句の街コンだとしても、日程の都合で参加している人もいるかもしれないのです。

 

無理に飲ませるのは論外ですが、仮にそのつもりはなくても、場合によって相手は「飲まなくちゃいけない雰囲気」と思うかもしれません。

 

必ず「無理しないでね」とか「自分は飲んじゃうけど、気にしないでね」など、相手を気遣ってあげるとベターです。

たしなみ方3:飲んでも飲まれるな

これは鉄板ルールです。お酒はいかなる時も、ほどほどに。

 

あなたは街コンという出会いを求める場にやってきていて、お酒はあくまでもツールなのです。

それを忘れてはいけません。

まとめ

新しい出会いを求めて参加する街コン。食事やお酒は、自由に楽しんでOKです。

 

お酒が入ることによって、仲良くなるきっかけづくりになったり、

より会話がはずんだりというメリットがあるからです。

 

ただし、気を付けないとデメリットにもなり得るということも忘れてはいけません。

 

参加している大勢のライバルの中から、あなたを「残して」もらうために、

お酒のたしなみ方を心得て、お酒を上手に使いましょう!

 

街コンで何を話せば良いの?という方はこちら⇩

 

目的を忘れたり、途中から今日を楽しもう!などというしょうもない男に成り下がらず、

彼女だったり遊び相手を作りに行っていることをくれぐれも忘れずにしましょう。

サラ
そういう男を尻目に出し抜きましょう!

 

 

 街コン情報はこちら

全国の街コン掲載情報No.1(上場企業が運営)

街コンジャパン(公式サイト):https://machicon.jp

 

 

\ お近くの街コン情報を検索 /

おすすめの記事