【密着レポ】夜景コンで身に染みた街コンCEOの”天賦の才”

こんにちは、現役街コン主催者のアローンです。

 

どの道にも”プロフェッショナル”と呼ばれる者たちがいるように、街コン界でもその名を轟かせている男がいます。

 

それが、今回密着取材をさせてもらった「街コンCEO」という人物。

 

元々、個人的な知り合いでもあった彼に対し、念願だった「街コンに一緒に参加する」という要望に応えてもらうことが出来ました。

 

その様子を記事にしましたので、ご覧ください!

街コンCEOという男

街コンCEOのプロフィールを簡単に説明すると、

  • 31歳
  • 元路上ナンパ師
  • 経験人数300人超
  • 街コン41回参加(19県)
  • モテないを知らない男

    こんな感じのただのチャラ男です。笑

     

    経験人数をもさることながら・・・私は最後の項目に一番目を引きました。

     

    なぜなら、世間によくいるナンパ師や恋愛術を指南する人間の多くが、「非モテだった過去を克服し、モテるようになってからは女性に困らなくなったというようなサクセスストーリー」を推す中で、彼の場合は、

     

    「モテないを”そもそも”知らない」

    そんなことを言い放つ男。

     

    今回の密着で、そんな彼の「天性の人たらし」の部分をまざまざと見せつけられ、納得がいきました。

     

    私の目に映った彼は、

    • 第一印象で嫌だと感じる人は恐らくいない
    • 人との距離感の縮め方が圧倒的に早い
    • 知識量がすごい
    • リーダータイプ

      このような人間像です。

       

      写真はNGでしたが、外見は「イカつめだけど可愛さがあり、えくぼがチャームポイント」

      といった感じです。

       

      現在はぽっちゃりしてますが、痩せていればイケメンであることは間違いありません。笑

       

      それでは、参加した街コンのレポートを綴っていきます。

      丸の内・夜景コンを選んだ理由

      イベント概要
      • 丸の内周辺を散歩しながら夜景をみる
      • 男女「1:1」で話し、スタッフの指示で相手を順々に変える

      街コン選びに関しては、当日の数時間前に決めました。

      というのも、15時ごろにCEO氏と会う約束をしており、ご飯を食べながら一緒に街コンを選びました。

       

      居酒屋で行う一般的な街コンではなく、このような”コンセプト”街コンを選んだ理由としては、以下のことが挙げられます。

      • 珍しいイベント
      • お酒を飲まない
      • 1:1で会話が出来る

      1、珍しいイベント

      これに関しては、完全に私の推しです。笑

      というのも私が街コン業者のため、「珍しいイベントを体験してみたかった」という考えです。

      2、お酒を飲まない&1:1で会話が出来る

      この条件なら「婚活パーティー」に行ったほうが良いのでは?とツッコミが入りそうですが・・。

       

      お酒を飲むと、街コンを振り返り、記事を書こうとしたときに忘れてしまうのでは、、という懸念があったので飲まなくても良いイベントを探しました。

       

      そして、「1:1」で会話が出来るという点については、

      • CEO氏を客観的に見られる

      と思ったからです。

       

      「密着レポ」ということで、こちらの要望を聞いていただきました。笑

      【密着レポ】街コンCEOと参加!丸の内・夜景コン

      開始時間 19:15
      集合時間 19:00~19:15

      集合時間10分前には到着。

      やることも特にないので、ブラブラしながら時間をつぶしました。

       

      そして、19:00ちょうどにスタッフに受付を済ませました。(参加料金は街コンジャパンサイトから申し込んだ際にカード支払い済み)

      散歩ルート

      1. 東京駅
      2. 和田倉噴水公園
      3. 丸ビル(35階)

      集合場所である、「東京駅」をスタートし、約10分間で「和田倉噴水公園」へ。

      和田倉噴水公園

      その後はスタート地点近くに戻る形で「丸ビル(35階の展望デッキ)」という流れでした。

      画像はイベントと無関係です。

      夜景コンの実際の運営形式

      これは、参加人数によって都度異なるので、参考までに。

       

      今回は、「男性8人:女性5人」が集まりました。(女性は二人キャンセル)

      • 会話時間は一組7分ほど
      • スタッフの指示で相手をチェンジ
      • 合計2週

      人数比率が合わなかったため途中、男性同士と話すということもありました。

      現役業者である私から言えば、これはしょうがない事態です。

       

      男女比がピッタリ揃い、当日キャンセルがない状態が最も望ましいですが、毎回うまくはいきません。

      参加者はどんな人がいた?

      男性とは数人と話す機会があったので、分かる範囲で記述します。

      ちなみに、募集年齢は男女ともに「20~35歳」でした。

      男性

      30歳(都内在住) 金融系(丸の内)の人事・総務
      23歳(都内在住) 法人向け不動産の営業
      24歳(千葉在住) 工事関係資材の営業
      ほか3名 不明

      ここに私とCEO氏を加えた全8人。

      女性

      23歳(埼玉在住) 栄養士
      30代前半(都内在住) 物流系企業の事務
      30代前半(都内在住) 事務
      25歳(都内在住) 看護師
      28歳(千葉在住) 営業事務

      20代前半~30代前半まで幅広く参加されていました。

      ルックスでは、「25歳の看護師」が一番でした。

      参加レポート

      ちょうど、私はCEO氏の後ろの番号(受付時に配布される)だったので、すべてが分かる状況でした。

      とは言っても、こちらも会話に集中しているためすべては入ってきませんが・・。

      スタッフさんを先頭に、男女が横並びで縦一列となり、移動しながら会話をする感じでした。

      一組あたりの詳細なレポートはしませんが、CEO氏の声は割とデカめのせいもあってかほかの組よりも盛り上がりがあるのは明らかで、女性も楽しそうな感じが伝わってきました。

      ここから先は、どんな行動・言動をとっていたか分かる範囲でお伝えします。

      ①「よろしくお願いします」の笑顔

      私も長らく運営の立場として街コンの現場にいますが、これがデキる男はモテます。

      当たり前のように思えますが、これが意外とできません。

       

      出来ない理由としては、緊張感があるためか顔がこわばってしまう人が多く、これでは緊張感を相手に伝えてしまうデメリットがあります。

       

      これがCEO氏は完璧に出来ていました。

      これが第一印象から良い印象を持たせ、心を開かせる要因となっているのでしょう。

      ②相手によって態度を変えない

      これも難易度高めですね。

       

      相手の外見の良し悪しで態度を変えるのはもっての他ですが、キャラや会話が合わない相手もいる中、CEO氏は全くそれを感じさせません。

       

      ずっと「オン」状態で、同じテンションで盛り上がれるのは経験値の差でしょうか。

      ③心の距離感の縮め方が尋常じゃなく早い

      ①、②に関しては、誰もが出来るように努力をすれば間違いなく出来るようになりますが、これだけは無理です。

       

      CEO氏が目の前にいたので分かりましたが、女性が「そんなことないからぁ~」とCEO氏に対しツッコミを入れながら肩を叩いたり、さらにそこから輪をかけてどんどんと盛り上がる様子は、カップルのようにも見えました。

       

      何がすごいかというと、これを男性にも同じような掛け合いでコミュニケーションをとれるのがヤバいと感じたところでした。

       

      終盤間際で、男性から「今度飲みましょうよ!」と声をかけられ、LINE交換をしていたのは、さすがに笑いました。笑

      真骨頂は夜景コン終了後に訪れる【二次会編】

      CEO氏と街コン開始前に「二次会」についての話をしていました。

      街コンCEO
      良い人いたら二次会誘うので、一緒にいける雰囲気だったら一緒に行きましょう。

      もちろん、個人的には嬉しい提案でしたが、邪魔をしてしまうのは申し訳ないので、話半分に聞いていました。

       

      解散場所は、丸ビルの1階で終了後になんとなく皆がバラバラに(様子をうかがいながら)岐路につくために地下から駅に向かって歩いていました。

      私もCEO氏と一緒に、岐路につこうと歩いていましたが、やはりここでも役者の違いを見せつけられました。

      街コンCEO
      あの子一番良かったんで、二次会誘いますわ

      と近くにいた「25歳・看護師」に声をかけていました。

      話はすぐにまとまったのか、

      街コンCEO
      アローンさんも一緒に行きましょう!

      とのお誘いが。

      断る理由はありません。

      CEO氏には申し訳ない・・・と思いながらも3人で二次会へ。

       

      丸の内であれば、使ったことがある店があったため、私が先導して店選びと移動をすることに。

      2時間ほどの二次会

      ※イメージ画像

      会場:リゴレット

       

      土曜日の夜ということもあり、店は混雑していましたが、なんとか1テーブルを確保。

      まともに夕ご飯を食べていなかったこともあり、お酒に食事を注文。(女性はノンアル)

       

      ここからCEO氏の独壇場です。

      というよりも、女性としても私をカウントに入れていないかのようにCEO氏の方ばかりに視線を向けていました。

       

      こういう状況の時って男女問わず、「一点集中」の様相が態度に出てしまうものです。

      今回がまさにソレ。

       

      ここでその様子を長々と書くよりも下の画像を見てもらった方が一発で分かると思うので、次の項目でご覧ください。

      夜景コン~二次会終了後のライン

      以下の画像は、街コンCEO氏から提供をいただきました。

      スクショ1

      スクショ2

      スクショ3

      「今日街コン行って良かったです」

      「電話も良いけど、会うほうが仲良くなれる気がするよ」

      「ご飯行きたかった」

      街コンと二次会に行って話しただけで、こんなラインを女性から受け取れる男を私は知りません。

      今日、数時間密着しましたが、彼は簡単に真似できる領域の人間ではありませんでした。笑

       

      タイトルにもありますが、「天賦の才」という言葉以外に表せません。

      もちろん、彼自身もここまでくるのに努力をしたことかとは思いますが、誰もが到達するのは無理な気がします。

       

      そんな「街コンCEO」に今後も注目です。

      詳しく知りたい方は、街コンCEOの丸の内・街コンレポをご覧ください。

       

      そして、出会いを探している方は一人でも多くの異性と出会いましょう!

      街コンでは一度に約8人の異性と出会える効率が高いことで支持を集めています。

       

      これを読んだあとは、街コンへ参加するだけです!

       

      \ 街コン情報No.1 /

      おすすめの記事