LIPCON!PARTY・評判|闇深き口コミ10選と集客トリックの真相【リプコン】

この記事では、「LIPCON!PARTY」の以下のことが分かる内容となっています。

・悪い口コミと考察

・共通点がある良い口コミ

・リプコン主催婚活イベントには参加すべき?

アローン
北陸・北関東の婚活業者「LIPCON!PARTY(リプコン)」。本記事では、読者が気になる多数の疑問を現役街コン主催者である私が解決します!

サラ
特に「富山・福井・石川」ではイベント開催数も多いので、この辺りにお住いの方は是非ご覧ください♪

LIPCON!PARTY(リプコン)の概要

LIPCON!PARTY」とは、群馬県に本社を構える株式会社フィールドリッチが運営する婚活事業となります。

主な事業は、男女の出会いの場を提供する婚活パーティーです。

婚活パーティーの詳細

主な開催エリア

  • 福井
  • 富山
  • 群馬(太田)

開催エリアは、北陸と北関東がメインとなりますが、リプコン単独開催のイベントでみれば上記3エリアとなります。

金沢では、PARTY☆PARTY(一部上場企業:IBJ)との協同で婚活パーティーを開催しています。

アローン
実際に大手ポータルサイトのオミカレで検索をすると、「富山・福井」のイベントがほとんどとなっています。

イベント特徴

  • 専用会場あり(カフェ)
  • フリータイムナシ
  • 連絡先を渡すのが自由

市民会館などの公共施設の会議室で行われる婚活パーティーが多い中、リプコンはカフェで開催されています。

自然と堅苦しい感じになりにくいので出会いの場としての環境は、とても良いかと思います。

富山会場(ノン・ビリィ)

婚活パーティーと言えば、

連絡先交換が出来る相手がカップリングした人のみというのが一般的です。

リプコンでは、それが会話中に相手に専用用紙を使って渡すことが可能となっています。

アローン
婚活パーティーは、正直どの業者も内容や当日の運営に差はありません。

サラ
鍵となるのは、「集客」だけね♪

参加料金

男性 5,000~6,000円
女性 500~1,000円

男性の参加料金が、相場と比べると1,000円ほど高く設定されています。

ちなみに婚活パーティーは街コンと異なり、ご飯の提供はありません。(お茶は飲み放題)

 

リプコン・闇の口コミ①|参加者が募集条件と合っていない

婚活口コミサイトから抜粋

募集内容と全く違う男性ばかり

女性が満席となっていたにも関わらず、一日経過するごとに「あと一人」と人数が全く当てになりません。結局、男性もほぼ満席と書いてあったのに、結局4人だけ。
人数は仕方がないとしても、全員が募集内容に当てはまらない男性。もう二度と行きません。
31歳・女性

これが偽装広告なんだなと思いました。

先日参加しましたが、告知されていた内容と違いすぎて正直ビックリでした。
年齢がそもそも10以上違う方、職業が当てはまっていない方など、間違えて申し込んじゃったのかな・・と
帰り道に確認しましたが、そんなことはありませんでした。
20代後半・女性

イベント前日に内容が変わっていた

女性満席と書かれていたので、3日前に申込。前日になってもう一度見返してみるとタイトルが「安定職×イケメン男性」と変わっていました。私自身は自営業なのでそれを見て期待して参加した女性がいると考えると不憫ですし、私も良い気分にはなりません。そしてイケメン男性と書かれていたら最初から申し込んでいませんw
35歳・男性

起こる原因は”集客トリック”

申込状況などによって「イベント名、募集文言」を変更しているから

早い段階で「女性満席」と表示をしながら男性申し込みを集めていき、その男性参加者の数に合わせるために”イケメン”であったり”安定職”と言った女性が好みそうなキーワードを後に表記・追記していくというのがカラクリかと思います。

↓ ↓ ↓

補足
※年齢制限や参加料金など、変更されることはありません。(※早割などのキャンペーン価格などは例外)

このやり方については、私も同業者なので分かります。

実際に申込状況に合わせ、これから参加して欲しい年代や性別によって広告文章を変えたりしています。

 

とはいえ、やりすぎてしまうと本当にミスマッチが発生していきます。

リプコンさんは大手業者ということもあり、このような事象が何件も起こってしまい口コミという形で世の中に発信されてしまっているのではないか、と思います。

アローン
うちのような弱小零細業者は、そもそも口コミにも上がりませんw

サラ
ある程度の規模になると、どうしても悪い口コミも発信されやすくなりますからね。その内容が本当なのか嘘なのかは別として・・

リプコン・闇の口コミ②|既婚者、ヤリモク、サクラ疑惑

婚活パーティー口コミまとめサイトから抜粋

3回も出会った既婚者男

毎回来ているのか、3回出会いました。(期間をあけています)
カップリングした他の男性と話したときに、既婚者で遠くからわざわざ参加しにきている人であることが判明しました。
20代後半・女性

婚活パーティーにもいる

参加男性の中で一番マシ(失礼を承知で)な人とカップリングをしました。帰りに近くの居酒屋へ行くこととなりましたが、下ネタを言ってきたり体を触ってきたりしてヤリモク感がありました。
30代前半・女性

明らかサクラだろ・・という女性がいた

受付の時から運営スタッフと仲良く話をしていて友達のような感じでした。プロフィールカードもまともに書かずに終始ムスッとしていてかなり気分が悪かった。
30代前半・男性

”完全無欠”な出会いはない

残念ながら、参加者がどのような意図をもって参加しているかは分かりません。

そして、遊び目的であったり既婚者かどうかということまでは把握できないのが現状です。

 

これについては、街コンやマッチングアプリなどにも言えることなので、慎重に相手を見定めるしか解決方法はありません。

サクラ疑惑も真相は分かりませんが、私も主催者側の意見としては「ビジネス面であまりメリットがない」ため誰かに頼んでまでやろうとは思いません。

リプコン・光の口コミ|発展すればおのずと高評価

婚活口コミサイトから抜粋

ゆっくり長く話せて良かった

婚活パーティーには何度か参加したことがあります。ここは、パーティー会場がカフェ(貸切)と言うこともあり、周囲の目も気にならず雰囲気も堅苦しさはありません。スタッフの方も緊張をほぐしてくれたり、気配りで出来る方で良かったです。
20代後半・女性

タイプの男性とカップリングできた

隣の席との距離が割と近かったですが、仕切りやBGM等の配慮のおかげで、目の前の方とのお話に集中して、楽しむことができました。参加人数は少なめでしたが、物腰しが柔らかくて見た目も爽やかな男性とカップリングになれました。
31歳・女性

一番可愛い女性とカップリング

参加人数が男7:女6でした。
参加女性の中で一番可愛いかった24歳の医療系の子とカップリングできたので大満足です。その後、近くでご飯を食べた後に解散しましたが、その後も続いています。
20代後半・男性

結果良ければすべてよし

どのイベントだろうと、どんな異性と出会えるかは運次第。気になった人とマッチング出来ればイベント自体の細かいことまで気にしないのでは?と思います。
30代半ば・男性

婚活パーティーレポ・ブログ(街コンCEO)様より

富山会場で参加した時の婚活パーティーレポートでは、「男性5人、女性4人」で参加者が若干少なかったところをマイナス評価として挙げていますが、満足度は星4と振り返っています。

ネタバレを避けるために具体的な内容をここでは記載しませんので、気になる方は以下よりご覧ください。

 

参考記事

≫≫リプコン・富山|白い宝石はエビではなく岡田結実似女子の為の言葉|感想・レポ⑭

良い口コミはカップリングしたかどうか

どんなイベントであれ、カップリングさえすればよい評価になる

ザ・正論ですが、同じイベントに参加した人でも評価が別れるのが、婚活・恋活イベントです。

 

結局のところ、

どんな参加条件にせよ、当日の状況が思ったよりも悲観的だとしても、カップリングをしたり、連絡のやり取りや途絶えないなどの良い結果が生まれれば「高評価」と判断するのが利用者ではないでしょうか。

そうなると、悪い口コミの方が多く書き込まれてしまうのが必然です。

また、良い結果だった場合でも、わざわざ良い口コミは書きません。もはやイベント主催者のことなど知る由もないでしょう。

リプコンの主催婚活パーティーには参加すべき?

悪い口コミだけでは参加しない理由にはならない

先ほども述べましたが、同じイベントでも参加者によって満足度が変わってくるのが男女の出会いです。

 

リプコン主催の婚活パーティーの多くが「カップリング」が導入していることもあり、その結果次第では満足度が”天と地”ほどの差が発生します。

悪い口コミが多いほど、相対的に幸せになっている人も数多くいます。

 

また、婚活パーティーと言うと会議室を借りて行う質素なものが多い中、リプコンパーティーのこだわりでもある「カフェ開催」というのは個人的に好感が持てるところです。

 

参加前に口コミが気になる…!

と言う方が、この記事を読み進めていただいたかと思いますが、一度参加してみて自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

 

気に入らなければ、次は他の主催者のイベントを探せばいいだけです。

まずは前進して出会いの数を増やすことから初めてみましょう。

 

\ イベント情報No.1「オミカレ」 /

 

 

おすすめの記事