【全男に捧ぐ】その後のラブホを見据えた「飲食店」選びのコツ

全国の街コンファンの皆様、こんばんは。

管理人のアローンです。

 

男であれば、女の子とご飯(飲み)に行くなら想定しておかないわけがない。

「ラブホへの連れ出し」

 

そんな壮大なミッションをこれから成し遂げていこうとしているのに、ノープランで挑むのはあまりに無謀です。

すべての道はローマ(ラブホ)に通ずる

こんな言葉がありますが、いくら回り道をしても最終的にはラブホへと誘導出来ればいい。

むしろそのプロセスも楽しいので辞められない・・・。それが私です。

 

さて、本記事では単刀直入に「ラブホをゴールとしたときに選ぶべき飲食店の探し方」を解説したものとなります。

是非とも最後までご覧いただき、実践へと移していただければ幸いです。

アローン
私も実際に使っている「店選びの外注方法」もあります!

前提|ラブホ連れ出しは1軒目にして成らず

目標はラブホへ連れだすこと。店選びは、ゴールを決めるための最初のステップ

ラブホへの連れ出しを決めるためには、ホットペッパーグルメやRettyで人気のある店、雰囲気のある店……と安易に選んだだけでは駄目です。

 

我々とは違い、女性はワンナイトに対して警戒心を持っており、「むしろお持ち帰りなんてさせない!」と考えてその日を迎えていると言っても過言ではありません。

 

この相反する両者の溝を埋めていくのが、ご飯を食べる・お酒を飲むという作業です。

 

女性の警戒心を解き、次第に相手にその気にさせること。この気持ちにさせるために段階を踏む必要があり、焦って結果だけを追い求めてはいけません。

 

この「次第」にというところが最大の肝となるので、飲食店をはしごしながらそれを積み上げていくというのが基本的な考え方となります。

【○軒目で違う】ラブホに繋がる飲食店の選び方

ラブホまでに「3軒」はしごすることを想定して調べておきましょう。

かかる費用のことを考えると、2軒目で済ませられるのがベストですが、積上げが出来ているかどうかが一番大事なところ。それが不足しているのであれば3軒目も行くべきです。

 

最初にエリアを決めてからやることは、近隣のラブホ情報を調べることからやりましょう。

すべてはゴールから逆算です。

1軒目の選び方・コツ

優先して選ぶのは「個室」。ただし探すのに時間がかかる場合は、そうでなくても可。

飲食店選びで大事なことは、それに費やす時間と言っても過言ではありません。

事前に予約をするために、WEBで様々な店を調べるかと思いますが、そこにかなりの時間をかけるぐらいなら、人気店からサクッと選んでください。(ラブホとの位置関係を気にしながら)

 

注意点としては、「相手に過度な緊張感を与えないためにオシャレ過ぎないお店」を選ぶことも大切。

おすすめなのは少しお洒落な創作居酒屋やダイニングバーです。

 

1軒目では、女性をリラックスさせ一緒にいると楽しい人という認識をもってもらえればOKです。

過度なアプローチは厳禁。「次の店でもっと話したい」という旨を伝えましょう。

 

そして、店を出たら手を繋ぎましょう。それが出来る自信がなければ1軒目ではまだまだ関係性を築けていないと判断できます。

2軒目の選び方・コツ

1軒目とは打って変わり、実は2軒目は多少周りが騒がしくても問題の無いチェーン系列でOK。

チェーン系の店であれば「個室」の可能性も上がるため、チェックしておきましょう。

 

色々なチェーン系列がありますが、モンテローザ系列(魚民、笑笑、千年の宴、山内農場など)であれば特に個室に通される可能性が高いです。

 

ここで大事なのは、対面ではなく、隣に座ることです。

 

1軒目でそこそこお腹も満たされていることなので、お酒につまめる簡単なものだけで良いでしょう。

 

2軒目で狙うのは、「ボディタッチ」。相手の手や腕へ触れることから始めましょう。

女性側に男を強く意識してもらうことが重要です。

 

ただし必要以上にしてしまうと不快感を与える場合がありますし、下心があると見抜かれます。

3軒目の選び方・コツ

本当は2軒目を終えた後にホテル誘導できればベストですが、「まだそんな雰囲気になっていない、飲み足りない、時間がまだある」という場合もあります。

 

そんな時は保険として想定していた3軒目のお店へ。

1~2軒目は親しみやすいお店を選びましたが、この時ばかりは雰囲気重視でバーに行きましょう。

 

ここまでくれば、雰囲気とお酒の力も借りながらアプローチ。

 

ふざけたような物言いだとただ酔っているだけだと捉えられがちですので、ここでは真面目さをアピールしながらもアプローチをかけてください。

 

そのため、「可愛いね」「タイプだ」といった口説き文句も一気に効果的になってきます。

その後のホテル打診に向けた布石を打っていきます。

【効率&ミスを防ぐ方法】飲食店選びを外注する

「500~1,000円程度」で時間と確実性が買える

2週間後に迫るご飯アポ。今から飲食店を探しても十分間に合う。

そんな余裕があるのにも関わらず、結局決めきれずに前日を迎えてしまった・・・。なんてことはよくありますよね。

 

実際に私も使っているのですが、「ココナラ」で詳しい人に選んでもらうというサービスも500~1,000円程度からあるので、それを利用した方がよっぽどいいです。

 

実際の出品サービス例

 

複数の店を提案してもらえたり、女性の出品者の場合は女性目線で提案してもらえるのでかなり信頼がもてるので、1,000円程度でこの面倒な作業から解放されると考えればお得だと思います。

最後は自信をもってホテルを打診

ここまで順調に来たのであれば、あとは自信をもってホテルに誘いましょう。

ここまで来て良さそうな雰囲気なら、あとはゴールに向かってシュートを決めるだけ。

誘い文句はシンプルに「もう少し一緒にいよう」

 

誘う場所は、3軒目のバーでも良ければ店を出た路上でもOKです。

 

このシーンでは、自分側が主導権を持つことを意識し、自信をもって口説きましょう。

誘う瞬間というのはとても緊張しますが、それを一切出さず、「当然行くでしょ」という鋼のメンタルで構えていることが大切です。

 

実践解説記事

 

 

 街コン情報

全国の街コン掲載情報No.1(上場企業が運営)

街コンジャパン(公式サイト):https://machicon.jp

おすすめの記事