頭頂部が薄くなっている日本人男性は、3人に1人…。

「ハゲで街コンに行っても相手にされないだろうな」と思うかもしれません。

しかし大切なのは、ハゲを気にしないメンタルです。

いくら薄毛で悩んでいるからといって、街コンに帽子を被ったまま参加するのはNG。

帽子を被った人というのは、「素性を隠そうと必死になっている」ように思われますし、心理学でもそのように解明されています。

サラ
気にしすぎは良くないわ!堂々としているのが一番!

ハゲでも街コンに帽子で行くのはNGな理由

薄毛をコンプレックスに感じる男性にとって、ハゲを晒したまま街コンに行くのは勇気が要りますよね。

だからといって、帽子を被って街コンへ行くのは絶対にタブー。

なぜなら、相手女性を含めて、周囲からの心象がとても悪いからです。

帽子を被っていると素性がわかりにくい

帽子を被っている場合、あなたの顔や表情が相手から見えにくくなります。

すると、どんなに楽しい会話で盛り上がっても、いまいち印象に残らないのです。

メラビアンの法則にもあるとおり、第一印象を決める上で「視覚情報」は重要。

にもかかわらず、あなたの顔が見えないのでは、相手との距離感が縮まらないままになってしまいます。

街コンでは、素性をわかりやすいように示すことが大切です。

会場内では帽子を取り、ありのままのあなたを見せていきましょう。

帽子を被ったまま対面するのは失礼

街コンに参加出来る年齢ということは、もう立派な大人としてみられるわけです。

それなのに帽子を被ったまま人と接するのは、マナー違反。

気になる女性が礼節を重んじるタイプなら、即座に恋愛対象外になってしまいます。

ハゲを隠すために帽子を外したくない気持ちはわかりますが、それよりもマナーを重視出来る大人になりましょう。

女性からハゲを疑われる

街コン参加男子の中で、帽子を被ったまま会場内に入る人は少ないでしょう。

その数少ない1人に入ることで、逆にハゲを疑われやすくなります。

「みんな帽子外しているのに、何であの人だけ…?」「もしかしてハゲてるんじゃ…」
こんなふうに陰口を言われるほうが、よほど嫌ではありませんか。

ハゲていることを真剣に悩んでいるとしても、出会いの場では帽子をとりましょう。

薄毛であることを恥じる必要は、どこにもないのですから。

遺伝でハゲる人もいれば、仕事のストレスから薄毛症状が発展した人もいます。

原因は何であれ、あなたのせいではありません。

コンプレックスに負けない人柄的な魅力を、どんどんアピールしていきましょう。

ハゲを気にせず街コンに参加出来るメンタルを磨こう!

日に日に頭頂部が薄くなって、髪の毛が抜ける量も増えている…。

「どうしよう」と不安に駆られているあなた。

まずは、ハゲにとらわれないメンタルを磨きましょう。

薄毛の進行要因がストレスの場合、精神面を鍛えなければ、どんどん髪の毛は失われます。

人間には、長所もあれば短所もあります。

ハゲているだけが、あなたのステータスではありませんよね。

自分の良いところを出して、街コンにも堂々と参加したいもの。

ハゲでも結婚出来ている!

テレビに映るあの芸人も、あなたと同じくハゲています。

そして、それでも結婚しているという事実がある…。

「ハゲでも結婚は出来るのだから、気に病む必要はない」ということです。

頭頂部、額の側部、円形脱毛症など、様々な薄毛症状がみられますが、意外にも気にしているのは男性だけ。

あなたの意中の女性は、自分が思うほどハゲに抵抗感を抱いていないのです。

変にハゲを気にしてネガティブ思考に陥るよりも、太陽のように明るいキャラを演じられたほうが100倍楽しくなりますよ。

ポジティブなハゲはモテる

見た目を気にしてネガティブな男性よりも、ハゲを気にも留めないほどポジティブ思考な人のほうがモテます。

なぜなら、コンプレックスである薄毛部分よりも、女性はその男性の人柄に着目するから。
悶々と1人で悩み続けるよりも、ハゲをネタにするくらいの勢いで、出会いの場に参加するのが一番です。

ハゲは隠すよりも短髪で小綺麗に

ハゲていることを気にするあまり、美容室にも行けなくなっていませんか?
髪型のメンテナンスは、心のメンテナンスにつながります。

普段とは違う髪型に整えるだけで、自信を持って人前に立てることは多々ある…。
もちろん、ハゲている男性にも同じことが言えるのです。

ハゲの種類に関係なくおすすめなのは、短髪スタイル。
前髪も短くカットして切りそろえてもらうことで、薄毛部分が強調されずに済みます。

変に髪の毛を伸ばしてハゲた部分をひた隠しにするより、よほど良い髪型に変わりますよ。
また、男らしさと清潔感もアップして、女性ウケも良くなるでしょう。

ネガティブ思考を吹っ飛ばす「自分だけのヘアスタイル」にイメチェンして、コンプレックスに負けない自分を手に入れましょう!

 

関連記事

おすすめの記事