新しい出会い・恋人が欲しい男女には、もっとも手軽な出会いの場所、街コン。

 

さまざまな街コンがある中、参加する街コンを選ぶ際に、

  • 『立食形式』
  • 『着席形式』

どちらを選んでいますか?

 

おすすめする人しない人が大きく分類される、街コンの立食・着席。

 

どちらを選択するかで、あなたの出会いを大きく左右させるおそれがあります。

 

街コンの立食・着席形式はそれぞれ、どのような方におすすめなのでしょうか。

 

アローン
アローンはちなみに立食形式が好きです!

サラ
うちの街コンは全部着席なのにね!

立食・着席形式どちらを選ぶべき!?

 

アローンがおすすめするのは、立食形式の街コンです。

世の中のほとんどの街コンが着席形式を取っていることは重々承知です。

 

立食形式のもつ自由度の高さこそ発展に結びつく為の要素が詰まっていると言っても過言ではありません。

 

また、着席形式でイマイチ発展に結びつかない・・・と嘆く方は是非一度この立食形式のものを選んでみることをオススメします。

 

自由度が高いということは反面、自由に振舞った方が強みを活かせる人向けであるので、万人にとってメリットが多いということにはなりませんのでご注意下さい。

 

そのあたりも解説していこうと思います。

立食形式の街コンとは?

立食形式の街コンについての補足知識

  • フリータイムで自由に話せる
  • 途中からアシストアイテム使用
  • 立食と言っても正確には半立食(イスはある)

 

立食と言えど、自由に話しかける中でも一定時間で『シャッフルタイム』としてアナウンスが入り、

他の人との会話を促される場合がほとんどです。

 

また、男女それぞれ受付時に数字が書かれた紙を配られ、

同じ数字の異性を探すという会話アシストアイテムがあるケースも多々あります。

 

制限の中で自由があるといった形式でないと、終始「ぼっち」で終わってしまうので、それを避けるために運営側もアシストするという仕組みになっています。

 

すなわち完全自由では決してありませんので、立食系は勇気がない・・・と考えている方でも大丈夫なようになっております。

 

着席形式の街コンとは?

着席形式の街コンは、席替をしながら決められた時間で会話をしていきます。

 

いわゆる回転寿司方式ですね。

街コンの参加人数によりますが、2対2を基本として中には3対2など参加状況によって変わる場合があります。

 

時間が許す限り、複数のグループと確実に話が出来る。

ということが最大のメリットではありますが、これをデメリットと考えることも出来るのです。

 

  • 運営スタッフの指示によって、容赦なく入れ替わりを強要される
  • いわゆる『お見合い』のような形式になる

 

これが、どういう事を意味するかわかりますか?

立食形式をオススメする理由

 

着席形式も立食形式どちらも、決まった一定期間しか会話ができないのは同じです。

だいたい20〜30分で入れ替わるようになっています。

 

それでも、なぜ立食形式がオススメなのでしょうか?

自然なコミュニケーションがとれる

両者が緊張し、会話が弾まない着席形式は、お見合い合コンのようなもの。

 

街コンに来ている女性は、基本的に男慣れしていないと考えてもいいでしょう。

男慣れしている女性は、友達の連れ添いで来ている女性に限定されると言っても過言ではありません。

 

そのため、あまり会話術を持ち合わせていない女性が多いんですね。

そうでなければ、街コンに行かずとも彼氏がいます。

 

だからこそ、少ない出会いの中恋愛につなげるきっかけを見つけられない状態。

 

「趣味は何ですか?」「休日は何してるんですか?」それどころか、

言葉がつまれば「今日はいいお天気ですね。」なんて会話しかできないかもしれません。

 

決まった型にはめられると、人は誰でも緊張します。

 

たとえば、証明写真がそうですよね。

こわばった顔が、まるで犯罪者のよう…ほとんどの方がそうなるでしょう。

 

顔を合わせてさぁスタート!となると面接のように質問攻めな会話になりがちであったり、視野が狭く動きが制限されることで会話に逃げ道を作り辛い。

 

と言った状況が生まれてしまいます。

そんな状況においても決められた時間内は話をしなくてはいけません。

 

そんな中、共感を呼ぶ会話はもちろん、お互いの共通点など見つけられるでしょうか。

せっかくアピールしようと思っても、強く印象付けるのはやや至難の業ですね。

バリエーションに富んだ会話が出来る

立って会話をすることで、視野が広がるだけでなく、移動しながら話すといったことも出来る。

 

着席形式との決定的な差がここにあります。

 

会話に困れば、目に見えるものや参加者をネタに話してみたり、一緒にご飯やドリンクを取りに行ったり、時に小声でちょっと語りかけるなど、女性に『特別感』を感じさせることが出来ます。

 

あまりやりすぎはいけませんが、使える手法です。

 

話すことは苦ではないけど着席形式は少し形式ばった感じで話辛いと感じている方であれば、この解放感は心地の良いものとなります。

 

街コンでは相手に強く印象付けなければ絶対に発展することはありません。

 

気になった異性に自由に近づける

立食形式でも運営側からの指示はありますが、ちょっとグレた行動も可能です。

 

学生時代、経験ありますよね。

ザワザワしている集会中だとちょっと抜けても、正直わかりません。

 

誰もがそういう行動をすれば、当然問題が生じますが、行動力こそ街コン成功の秘訣です。

 

模範的な行動からそれて、気になる異性をロックオンして話続けることも出来てしまいます。

 

例えば、シャッフルの合図が出たとしても

「ほんとは変わらなきゃいけないけど、このままが良いわ~」なんて笑顔で一言。

女性はどう感じるでしょうか。

 

内心では『私のこと気に入っているんだわ。』と、胸がキュンキュンです。

 

下手な褒め言葉よりも、断然アピールの効果が出ます。

着席形式では、強制移動なので絶対にできない行動ですよね。

着席・立食形式 自身に合わせて選ぼう

着席と立食形式では、単純に比較をすると立食形式の方がメリットが多くなります。

 

  • 自然なコミュニケーションが取れる
  • 接し方のバリエーションが増える
  • 気になった異性に近づける
  • アピールもしやすい

 

とはいえ、立食形式の方がいいとオススメしたものの、全ての方に妥当だとは言えません。

 

  • 街コンに慣れていない
  • 会話に自信がない
  • 積極的に女性に話しかけるなんて、到底無理
  • 声が小さく、周囲の音にかき消される

 

こういった男性は、着席形式の街コンの方がいいでしょう。

立食形式というのはある程度、自分に自信が無いとうまく立ち振舞うことが出来ないという点があります。

 

上のような方が立食へ行っても、ぼっちになるリスクがあるからです。

そうなれば、街コンに参加した意味がなくなるどころか自信喪失に繋がることでしょう。

 

中には会話術もないのに、声だけがやけにとおる男性もいます。

話した声がかきけされて、誰にも聞こえない。

こういったコンプレックスを持っている男性もいますよね。

 

自身の性格や考え方に応じて、着席・立食を選びましょう。

 

うまく話せなくても、着席形式で面と向かってアピールされる方が嬉しい女性だっています。

 

アローン
まずは着席・立食両方の街コンへ参加して場慣れしてみましょう!

 

 

 

\ お近くの街コン情報を検索 /

 

 

 街コン情報

全国の街コン掲載情報No.1(上場企業が運営)

街コンジャパン(公式サイト):https://machicon.jp

おすすめの記事