悲報!岐阜横丁に出会い目的で行っても銭を失うだけ【解決法あり】

この記事では、「岐阜横丁」の以下のことが分かる内容となっています。

・地元民が感じている岐阜横丁の出会い

・実際の口コミ

・岐阜横丁が出会いの場として最適でない理由

・岐阜横丁で落とすお金でできる効率のいい出会い方

アローン
マツコ会議で取り上げられたこともある「岐阜横丁」の出会いを辛口で斬ります

サラ
飲みにいく分にはいいんですよ!出会いを期待しなければ・・

岐阜横丁に関心のある人が最も知りたいのが「出会い」

この画像はグーグルサジェストという機能で、実際にグーグルの検索窓に文字を打ち込んだ時に見たことがある人も多いかと思います。

これは、その調べたい事柄の中でも最も興味のある内容を上から順番に表示してくれる機能です。

 

そんな世界のGoogleが集計した結果、「岐阜横丁の出会いへの関心が一位でした。

世間を賑わせているコロナやオススメな店情報よりも出会いが気になるのだから人間が本来もつ欲求は強いものです。

アローン
岐阜横丁が出会いスポットとして期待されている中、この記事ではその現実に迫るだけでなくオススメできない理由を言及していきます。

地元民は岐阜横丁の出会いについてどう思っている?

マツコ会議でTV放送されたということで一躍話題となった岐阜横丁。

バラエティー番組ということで誇張されるのは致し方がないことですが、実際に地元民の間で岐阜横丁の出会いについてどう考えているか?の口コミをまとめました。

必ずしも「岐阜横丁=出会いの場」という認識があるわけではなさそうでした。

もっと言えば、出会いの場ではなく飲みの場というイメージが強いといっても過言ではないでしょう。

 

これらの口コミからわかることとしては、岐阜横丁にくる女性たちは出会い目的ではないということ。

ナンパをされる可能性があるうえで横丁に来ているわけではないと認識を持ちましょう。

アローン
つまり、「簡単に引っかかる女が揃っているわけではない」ということです。

岐阜横丁の出会いに関する口コミ

相席が出来そうな雰囲気がある

私も過去に訪れたことがありますが、屋台のようなコンセプトのため相席に対する物理的ハードルが低いのは事実です。声をかけてからすぐに即席の男女グループを作ることは可能といます。

キャッチ(客引き)の評判が悪い

これも実際に私が体験したのですが、とにかくキャッチの絡みが面倒です。

相手もお金のために必死に働いているのはわかりますが、女の子といても普通にグイグイくるので事前に店を決めてからいくことをオススメします。

玉宮に繰り出る人が増える

人が集まるところに出会いのチャンスは生まれます。

岐阜横丁の議論以前に玉宮に繰り出ることは、出会いを探したい!と思って行動に移すこと自体は全くもって正しい判断です。

ナンパができる勇気がある人ならどんどんすべきです。

岐阜横丁が出会いの場として最適でない理由

ここから先はいよいよ本題です。

岐阜横丁が出会いの場としてなぜ向いていないのか?

これについてお話します。

1. キャッチが多いためナンパに向かない

女の子をキャッチと取り合う形になるほか、数も多いのでその中でナンパをするのは目線も集まるのでメンタルもやられます。

横丁ではキャッチに声をかけられたくないと思うのは当然のため、キャッチに勘違いされることもあり、とにかく環境としては最悪です。

声をかけるなら食事中の相手を狙うのが現実的なやり方となります。

2. 既にナンパ師たちのフィールド

モンモンとした岐阜男児はもちろん、近県から遠征してくる気合の入ったナンパ師たちの格好の狩場と化しています。

またイキり系の若者集団も酒の勢いをかりて端からナンパしていたりするため、外部環境のせいで腰を据えてナンパに励むことができません。

せっかく岐阜横丁に繰り出たのに手ぶらで帰りたくないからと言って南口でスッキリして帰るのも、また男。

3. ナンパの成功に関わらず飲食代がかかる

これも考えるべき問題です。

岐阜横丁でナンパを成功させたいのであれば、店に入って最低限の飲食をする必要があります。

 

安価で済ませることも可能ですが、賢い方法ではありませんよね。

ストリートナンパであれば、街に繰り出るための交通費だけで済みますが岐阜横丁の場合はそうはいきません。

 

投資する経費に対する期待リターンが低いという現実。

次の項目では、横丁で消費するお金と時間を違う出会い方に費やすことを提案します。

岐阜で出会いたいなら横丁よりもこの方法【解決】

岐阜横丁の出会いを制するのに必要なスキルは、

  1. 時の運
  2. 人目を気にしない強靭なメンタル
  3. ナンパ師としての力量

こんなところ。

キャッチボールしかできない野球初心者がいきなりプロ野球の試合で先発ピッチャーを任されるぐらい不可能な話です。

そんな初心者でも地域の早起き野球ぐらいなら活躍できる可能性もあります。

それが以下の出会いフィールドで戦うことです。

1. 街コン(恋活パーティー)

未知数の横丁に支払うお金と労力があるなら街コンへ参加しましょう。

男の参加費用は6,000~7,000円ほど。このお金で飲食(※食べ飲み放題)はもちろん約8人ほどの異性と出会えます。

私ももともとナンパに精を出していた身ですが、街コンがもつ「確実な出会い」を知ってから一切ナンパはしなくなりましたw

お金を支払って当日に開催される居酒屋に行けば回転ずしのように女性と話せます。

 

悪いことは言いません。まずは参加してみてその効率の良さを体感してください。

岐阜の街コン情報は「オミカレ(岐阜のイベント掲載数No.1)」で検索可能です。

2. マッチングアプリ

出会いに慎重派の方は街コンではなくマッチングアプリをオススメします。

街コンがとりあえず出会っておけ!という即効性のある出会いに対し、マッチングアプリはマッチングした相手と事前のやり取りをした後に1:1で会うというやり方。

月額費用は、最初に○ヶ月プランで料金が異なりますが、ざっくり2,500円~4,000円ほど。

街コンよりも安価で利用できますが、街コンとは違い確実に出会える保証がないという点は把握しておく必要があります。

 

私がオススメする方法としては、街コンもマッチングアプリも併用する方法です。

週末に街コンへ参加して、平日の暇な時間にアプリでやり取りをするというやり方。

 

出会いを制するには「出会う数」を少しでも増やすことです。

無料期間もあるので、自分に合わないと感じたら退会も可能です。

マッチングアプリで「ペアーズ(岐阜の利用者No.1)」を使わない理由がありません。
おすすめの記事